シルディソフトで勃つ!

シルディソフトはバイアグラのジェネリック薬

シルディソフトとは

シルディソフトはED(勃起不全)の症状を改善する際に用いる、ED治療薬と呼ばれる種類の医薬品です。シルディソフトは数多く存在するED治療薬の中でも、販売価格が高くならないように抑えられている製品の1つです。

そしてシルディソフトはED治療薬の中でも先発医薬品、バイアグラのジェネリック医薬品です。

したがって、少ない金銭の負担でバイアグラを使用した時と同等の、非常に素晴らしいED改善効果を発揮してくれる製品となっています。

製造元

シルディソフトを製造する製薬会社は、インドのグジャラート州、アフマダーバードに本社をおくサンライズレメディーズという製薬会社です。

サンライズレメディーズ社は数多くの医薬品を製造しているのと同時に、製造の際にはWHOが定める適性医薬品品質ライン(GMP)を基準としながら製造を行っています。

したがって、低価格でありながら高品質、信頼のおける製品を製造しています。

有効成分

シルディソフトには有効成分としてシルデナフィルを使用しています。

シルデナフィルはバイアグラの薬効成分として使用されている成分であり非常に優れたED改善効果を持っています。

そしてバイアグラを基に作られたジェネリック医薬品にはシルデナフィルが薬効成分として使用されています。

そのため、シルディソフトがバイアグラのジェネリックであるという判断ができる、大きな特徴とも言えます。

シルデナフィル

シルデナフィルはPDE-5阻害薬と呼ばれる種類の医薬品です。

シルデナフィルは開発が行われ始めた当初、現在のようにEDの改善を目的として開発が行われてイませんでした。

シルデナフィルは元々心臓の冠動脈が閉塞し、心筋が酸欠を起こしたような状態になる「狭心症」という症状の治療薬として開発されていました。

しかし実験結果が芳しく無く、狭心症治療薬としての研究することが出来ないと判断され、臨床試験が中止されてしまい、被験者からシルデナフィルを回収することとなりました。

そしてシルデナフィルを回収する際、被験者の中から回収に応じない人物が多数現れ、聞き取り調査を行った所EDの改善効果があったことが判明、その後狭心症治療薬ではなくED治療薬としての研究が始まりました。

その結果、現在のようにEDを改善するために使用される、ED治療薬の有効成分としてシルデナフィルは使用されるようになりました。

ジェネリック薬とは

シルディソフトはバイアグラを基に作られた「ジェネリック医薬品」です。

ジェネリック医薬品は日本語で後発医薬品と呼ばれる製品で、この製品は特定成分に対して研究や実験、開発を行って作られた先発医薬品を真似て作られた医薬品になります。

シルディソフトの場合、冒頭にもあるように「バイアグラが基」となっている医薬品です。

バイアグラはファイザーという製薬会社が製造する医薬品で、有効成分としてシルデナフィルが使用されている、それも何mg分使用されているのか、というのも判明しています。

したがって、シルディソフトのようにバイアグラのジェネリックを開発する際には、バイアグラに使用されているシルデナフィルを同量配合した医薬品を作れば、ジェネリック医薬品の完成です。

非常に短時間かつ少ない手間で製造されているため、ジェネリック医薬品は基となった医薬品よりも低価格で販売が行われています。

シルディソフトはバイアグラと同じ成分

何度か紹介してきましたが、シルディソフトはバイアグラと同じくシルデナフィルを有効成分として配合するED治療薬です。

これはシルディソフトがバイアグラを基に製造されたジェネリック医薬品であるためです。

同じ成分を使用しているからと言って、基となった医薬品と全く同じ効果が有るのか、という疑問を持つ方もいるかもしれません。これに関してはYesともいえますが、Noともいうことが出来ます。

まずジェネリック医薬品というのは先発医薬品と死用した際に得られる効果が同じでなくてはならないという決まりがあります。

したがって、使用時に発生する効果というのは、基となった医薬品と同じです。

しかし薬の製造を行う企業が別の企業である以上、製造方法などにも多少の変化があり、使用時の体感上の効果にも若干の誤差が発生する場合があります。

そのため、寸分違わず同一であると言い切ることができませんが、死用した際に発生する効果というのは、基となったものと同じであるといえます。